セキュリティ私達のソフトウェアはあなたのプロジェクトを安全に管理します

当社はあなたのプライバシーとオンライン上のセキュリティをとても真剣に考えています。したがって、MeisterTaskを使う際、あなたのデータ(プロジェクト、添付、ユーザーデータ等)を確実に保護できるようセキュリティを何重にも講じています。

ホスティング

MeisterTaskサーバーは、ドイツのフランクフルトにあるISO認定のデータセンターにあります。有料アカウントには99.9%のサービスアップタイムを提供しています。

  • 256-bit暗号化 全てのデータ転送にSSLを適用
  • 24x7x365 モニタリング サーバーファーム全体の
  • 安全な電源供給失敗
  • 冗長なインターネット接続
  • デフォルトで保存時の暗号化

データセキュリティ

私達はデータを、毎日、毎週バックアップし、二週間ごとに複数オフサイト拠点に置き換え、予測不可能な大惨事に備えています。

これらの拠点は、ドイツ地方に位置し、接続不良や電源インフラストラクチャーやその他のロケーション特有の障害などからサービスを保護します。MeisterLabsテストは四半期ごとにバックアップを行い確実に保存しています。 今後の情報については、Privacy Policyをご覧ください。

ユーザーセキュリティ

MeisterTaskでプロジェクトを作成すると、デフォルトでは非公開になっています。他のユーザーと共有したければ、共有することができます。プロジェクトへのアクセスにはさまざまなレベルがあります。選択した設定が保存されます。タスクに添付するファイルはすべて、含まれているプロジェクトと同じ権限またはプライバシー設定が適用されます。いつでも権限を取り消したり、プロジェクトを非公開に戻したりすることができます。 あなたのプロジェクトにアクセスする権利を、チームメンバーもしくは特定Eメールドメインアクセスからのユーザーに制限することもできます。

アプリケーションセキュリティ

MeisterTaskは、サービスへのアクセスを有効化する、幅広く利用されるセキュアなパスワードとログイン技術を適用しています。MeisterTaskは承認オプションに基づき幅広く提供されます。アプリケーションは、アクセス権限を定め、ユーザーが閲覧権限を持つマップのみを表示できます。更にセキュリティを高めるために、ユーザーが特定マップを閲覧できるが編集できない、という権限設定を行うこともできます。パブリックマップはインターネット上の誰からでも閲覧出来るものですが、パスワード設定を加えることもできます。マインドマップへのアクセスはセキュリティメカニズムによりコードレベルにて制限され、常にアクセスを保護し、信頼出来るユーザーにのみ権限を割り当てるようになります。

ネットワークセキュリティ

すべてのMeisterTaskアカウントは、エンドユーザーとMeisterTask間を256-bit Secure Socket Layer (SSL)で暗号化された転送データを受信します。非公開マインドマップは、アカウントレベルに関わらず、他の方にアクセスされることはありませんし、検索エンジンやロボットからインデックスされることもありません。 私達のシステムは全て複数のファイヤウォールとネットワークレベルにおける特別アクセスコントロールにて保護されています。

2要素認証

2要素認証は、あなたのアカウントを保護するレイヤーを更に一層追えます。ログインする時は常に、パスワードの入力と、更に携帯上のアプリからセキュリティコードの入力が必要になります。 セキュリティ上のこのセカンドレイヤーは、パスワードが万一漏洩してしまった場合においてもユーザーアカウントを安全に保つためのものです。

連絡する

我々のセキュリティ、提供する機能に関して質問をする

問い合わせる

さぁ、無料で始めましょう!

サインアップ

または

接続 Googleで